広背筋を鍛えてバストアップしよう!

「自宅でバストアップするには大胸筋を鍛えるといい」という話は良く耳にしますよね。確かに大胸筋はバストの土台となる筋肉です。大胸筋が衰えた状態だと大きなバストを育てることはできないですし、将来的に胸が垂れる原因になってしまいます。

 

でも大胸筋さえ鍛えておけばよいというものでもありません。背中の筋肉だって同じくらい大切です。特に背中の筋肉でバストアップと関係があるのは、「広背筋」という筋肉です。広背筋とは骨盤の上部から両脇の下あたりに向かって逆三角形に広がっている大きな筋肉、左右にそれぞれあります。

 

なぜバストアップに広背筋が大切なのかというと、広背筋を適度に動かしていないと姿勢が悪くなってしまうからです。姿勢が悪くなると、上半身の血液循環が悪くなります。この状態のままでは、いくらバストアップに良い食べ物やサプリメントを摂っても、意味がありません。というのも、バストに酸素や栄養、女性ホルモンが届かないからです。

 

「姿勢なんて意識すれば、いつでもきれいにできるよ!」と思っていませんか?筋肉が衰えたり、固くなったりすると、いくら意識しても姿勢をキレイに保つことはできません。ちょっと例は悪いかもしれませんが、腰の曲がってしまったお年寄りはいくら意識しても背筋を伸ばせないですよね。一瞬伸ばすことはできるかもしれないですが、キープすることはできません。それは使われなかった筋肉が衰え、また固くなってしまっているからです。

 

今バストアップしようと考えている方は、広背筋が全く動かないなんてことはないでしょう。ストレッチやトレーニングで広背筋を適度に動かしてあげてください。広背筋をストレッチするには、腰をひねる動作を繰り返す体操や、うつ伏せになって床に手をつき状態をそらすストレッチなどが効果的です。広背筋を鍛えてバストアップしましょう。

関連ページ

ラジオ体操がバストアップに効果的?
子供のころ、夏休みに誰もが1度はラジオ体操をやりましたよね。そんなラジオ体操はバストアップにも良い影響を与えてくれます。ラジオ体操がバストアップにどんな効果を与えてくれるのかを解説します。
小胸筋を鍛えてバストアップ
バストアップでは大胸筋を鍛えると効果的だと言われますが、小胸筋を鍛えることも重要です。小胸筋を鍛えることによるバストアップのメリットなどをお伝えします。