腹筋とバストアップの関係とは?

あまり意識している方は多くないですが、実は腹筋とバストアップは密接な関係があります。毎日バストマッサージをしたり、食事管理をしているのに、なかなか胸が大きくならない…。こんな方はもしかしたら腹筋に問題があったりするかもしれません。ということで、ここでは腹筋とバストアップの関係について解説していきます。

 

ちょっとおじいちゃんやおばあちゃんを想像してみてください。もちろん元気なお年寄りもいますが、少なからず腰が曲がって姿勢が悪くなってきていますよね。人間は年齢を重ねるについて姿勢が悪くなっていきます。その最大の原因になっているのは、腹筋の衰えです。上半身を支える腹筋の力が弱くなっているから、正しい姿勢をキープできなくなっているんですね。

 

そして、姿勢が崩れるとバストアップにもたくさんの悪影響があります。まず血液の流れが悪くなって上半身に新鮮な血液が流れづらくなります。バストにも酸素や栄養が行き渡りづらくなってしまいます。また、姿勢が悪いと内臓の働きが悪くなってしまうため、食事からの栄養を吸収しづらくなってしまいます。こうしたことは当然バストアップできない原因になってしまいますね…。

 

ということで、バストアップしたい方は腹筋も意識してみるといいと思います。腹筋を鍛えるには、単純に腹筋運動が効果的です。あまり運動をしてこなかった女性には腹筋が1回もできないというような方もいますが、それでもOKです。そういう方にとってはたった1回できるように努力するだけでも、十分な運動になっているからです。

 

大切なのは毎日繰り返すこと。そうすると少しずつ筋力がつき、1回、2回、5回…と回数を増やしていくことができます。腹筋を上手に鍛えることで、ウエストをくびれさせる効果もあります。胸が大きくならなくても、くびれができると相対的に胸が大きく見えます。もしかしたらあまりバストアップする必要もなくなるかもしれません。腹筋運動は時間もかからないのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連ページ

スタイルアップで胸を美しく見せよう!
下腹がぽっこり出ていたり、腰回りに余分なお肉がついていると、せっかくのバストが美しく見えません。スタイルアップして胸をより美しく見せましょう。
全身のバランスを見てバストアップを考える
バストアップは全身のバランスから考えることが大事です。もしかしたらバスト以外のところにも問題があるのかもしれません。自分のカラダを客観的に観るコツをお伝えします。
補正下着でバストアップエクササイズは意味がない?
あなたは補正下着を着けた状態でバストアップエクササイズやトレーニングをしていませんか?それだとせっかくのエクササイズやトレーニングの意味がありません。補正下着を着けた状態でのエクササイズが意味がない理由を解説します。
減らすという視点から見たバストアップ
単純に胸のサイズをアップさせるというのがバストアップではありません。二の腕やアンダーバスト、ウエストをダウンさせることも見た目にバストアップ効果があります。
バランスよく筋力アップでバストアップしよう!
ウエストにくびれがあると胸がセクシーに見えます。見た目のバストアップ効果ですね。バランスよく筋力を鍛えることで、より理想的なボディラインを手に入れましょう。