全身のバランスを見てバストアップを考える

バストアップは当然バストがメインになるわけですが、実は全身のバランスを考えることもとても大切です。それは見た目のバランスという意味でもそうですし、体質やアプローチという側面でもです。

 

まず見た目についてですが、例えば下半身太り傾向にあると、どうしても相対的に胸が小さく見えます。自分も目の錯覚を起こしていて、自分ですらあまり気づいていないこともあります。胸が小さいことに悩んでいるハズが、まず解決すべきは下半身太りだったなんていうこともあるんですね。

 

他にもウエストもポイントですね。胸がそれほど大きくなくても、ウエストにくびれがあればかなりセクシーに見えます。下着のCMに出演しているモデルさんってそれほど胸は大きくないのですが、かなりセクシーに見えますよね。それはウエストがくびれているのと、それによって相対的に胸が大きく見えていうことがあるんですね。逆にどれだけ胸が大きくても、極端な話、ウエストも同じサイズだと胸が大きくは見えませんよね。それだけバランスが大事なのです。

 

だからバストアップにこれから取り組むという方は、1度全身鏡で自分のカラダを確認してみることをおすすめします。できれば写真に撮ってみると、より客観的に自分のカラダを見ることができます。胸が小さいのがコンプレックスだと上半身に意識が向きがちです。でも写真で見ると、だんだん別のところにも意識が向いていきます。腰回りやお尻、ふともも、髪型など別のところに問題が見えてくるかもしれません。

 

大事なのでもう1度言いますが、写真を摂りましょう。まずは自分を知ることが大事です。胸を3カップ大きくするより、胸を1カップちょっと大きくしてウエストも5cmくらい絞るというほうが簡単ということもあります。自分を知らなければ、自分にベストなバストアップ方法だって選べないのです。全身のバランスを見てバストアップを考えることが本当に大事ですよ。

関連ページ

スタイルアップで胸を美しく見せよう!
下腹がぽっこり出ていたり、腰回りに余分なお肉がついていると、せっかくのバストが美しく見えません。スタイルアップして胸をより美しく見せましょう。
補正下着でバストアップエクササイズは意味がない?
あなたは補正下着を着けた状態でバストアップエクササイズやトレーニングをしていませんか?それだとせっかくのエクササイズやトレーニングの意味がありません。補正下着を着けた状態でのエクササイズが意味がない理由を解説します。
腹筋とバストアップの関係とは?
腹筋とバストアップの関係について解説します。腹筋が衰えるとバストアップには様々な悪影響があります。腹筋を簡単に鍛える方法についてもお伝えします。
減らすという視点から見たバストアップ
単純に胸のサイズをアップさせるというのがバストアップではありません。二の腕やアンダーバスト、ウエストをダウンさせることも見た目にバストアップ効果があります。
バランスよく筋力アップでバストアップしよう!
ウエストにくびれがあると胸がセクシーに見えます。見た目のバストアップ効果ですね。バランスよく筋力を鍛えることで、より理想的なボディラインを手に入れましょう。