バランスよく筋力アップでバストアップしよう!

腰回りに余分なお肉がたっぷりついていたり、下腹がぽっこりと出ていたりすると、せっかく胸が大きくてもあまり目立たなかったりします…。人の視線が胸ではなくお腹に向かってしまっているということですね。

 

逆に胸がサイズ的にはそれほど大きくなくても、キュッとアンダーバストやウエストがくびれているとかなりセクシーに見えたりします。バストアップでは全身のバランスを考えることも1つのポイントなんですね。

 

 

そして、ウエストにくびれを作るのに最も効果的な方法が腹筋運動です。でも「毎日腹筋を頑張っているけど、なかなか効果が出ない…」というような方もいますね。ではどうしたらより効率よくバランスの良いボディラインが手に入るのでしょうか?

 

私たちの身体はあるパーツだけを鍛えるということが難しいです。例えば、腹筋と対になっているのは背筋です。また、上半身と下半身のバランスもあります。どこか一部分を鍛えようとすると、必ず反対側に負担が出ます。ですから、結局は全身をバランスよく鍛えるということが大切なんですね。

 

もしウエストにくびれを作ってバストをセクシーに見せたいのであれば、腹筋だけでなく背筋も取り組みましょう。カラダの表と裏、両方を鍛えることでより効果が出やすくなるでしょう。背筋を鍛えると後姿が美しくなるのでおすすめです。スポーツ選手などはトレーナーが付いて、バランスの良いメニューを組んでくれます。私たちは自分で知識を着けるしかありません。正しい知識を持つことがバストアップの最大のカギといってもいいかもしれません。

関連ページ

スタイルアップで胸を美しく見せよう!
下腹がぽっこり出ていたり、腰回りに余分なお肉がついていると、せっかくのバストが美しく見えません。スタイルアップして胸をより美しく見せましょう。
全身のバランスを見てバストアップを考える
バストアップは全身のバランスから考えることが大事です。もしかしたらバスト以外のところにも問題があるのかもしれません。自分のカラダを客観的に観るコツをお伝えします。
補正下着でバストアップエクササイズは意味がない?
あなたは補正下着を着けた状態でバストアップエクササイズやトレーニングをしていませんか?それだとせっかくのエクササイズやトレーニングの意味がありません。補正下着を着けた状態でのエクササイズが意味がない理由を解説します。
腹筋とバストアップの関係とは?
腹筋とバストアップの関係について解説します。腹筋が衰えるとバストアップには様々な悪影響があります。腹筋を簡単に鍛える方法についてもお伝えします。
減らすという視点から見たバストアップ
単純に胸のサイズをアップさせるというのがバストアップではありません。二の腕やアンダーバスト、ウエストをダウンさせることも見た目にバストアップ効果があります。